ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問12
 様式が複数ある伝票から,様式ごとに定められた項目のデータを入力する。項目
の入力漏れを検出するためにプログラムで実行する処理として,適切なものはど
れか。

 ア 伝票の様式ごとに定められた項目数と入力された項目数が一致することを
  確認する。

 イ 伝票の様式に基づいて,入力された項目の値のデータ形式を検査する。

 ウ 入力された項目の内容が,伝票で定義された範囲に収まっていることを確
  認する。

 エ マスクファイルと突き合わせて,入力された項目の内容が正しいことを確
  認する。


『ネットワーク分野が苦手な方へ』

初級ネットワーク講座」は毎週1回、メールで配信される無料講座です。
1.ネットワークの基礎解説」と「2.基礎解説の復習を兼ねた問題
 という構成です。

1.ネットワークの基礎解説」では、多くのイラストが使用され、初心者でも
 理解しやすい文章で丁寧に解説されています。

2.基礎解説の復習を兼ねた問題」では、情報処理技術者試験などの実際
 の資格試験の問題と分かりやすい解説が記されています。

 無料で勉強できるのに、登録しないのは勿体無いですよ。
 勉強は、コツコツが本当に大事なので、今すぐ申し込んで、
 勉強できる環境を作ってしまうのが重要です

       (もっと詳しく見る)初級ネットワーク講座


 ア 伝票の様式ごとに定められた項目数と入力された項目数が一致することを
  確認する。

> 「項目の入力漏れを検出するため」であれば ア

 どうもありがとうございます。

> ア:◯
> イ:値のデータ形式の検査だけでは入力漏れは確認できない
> ウ:範囲に収まっているだけでは入力漏れは確認できない
> エ:マスクファイルと入力項目を確認しても入力漏れの確認はできない

 どうもありがとうございます。

> 入力漏れを確認するには、
> 必要な項目数と入力した項目数が合致すればいいと思う。
> 他の選択肢は、入力されたデータの内容を検査している、と考えました。

 どうもありがとうございます。

▽ 午後2の論文試験対策講座

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

ITサービスマネージャ おすすめ参考書・問題集

ベンダー試験 格安受験チケット



posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。