ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問11
 システム運用管理における管理情報の取扱いに関する記述のうち,最も適切な
ものはどれか。

 ア 管理は少人数の管理者グループで行う。管理用アカウントは,グループ専用
  のものを共用する。管理情報は,一般利用者に公開し,利用者自身がチェック
  できるようにする。

 イ 管理は少人数の管理者グループで行う。管理用アカウントは,グループ専用
  のものを共用する。管理情報は,セキュリティレベルなどを考慮した上で
  一般利用者への公開を行う。

 ウ 管理は少人数の管理者グループで行う。管理用アカウントは,個々の
  管理者専用のものを使用する。管理情報は,セキュリティレベルなどを考慮
  した上で一般利用者への公開を行う。

 エ 管理は一人の管理者で行う。管理情報は,セキュリティレベルなどを考慮
  した上で一般利用者への公開を行う。


『ネットワーク分野が苦手な方へ』

初級ネットワーク講座」は毎週1回、メールで配信される無料講座です。
1.ネットワークの基礎解説」と「2.基礎解説の復習を兼ねた問題
 という構成です。

1.ネットワークの基礎解説」では、多くのイラストが使用され、初心者でも
 理解しやすい文章で丁寧に解説されています。

2.基礎解説の復習を兼ねた問題」では、情報処理技術者試験などの実際
 の資格試験の問題と分かりやすい解説が記されています。

 無料で勉強できるのに、登録しないのは勿体無いですよ。
 勉強は、コツコツが本当に大事なので、今すぐ申し込んで、
 勉強できる環境を作ってしまうのが重要です

       (もっと詳しく見る)初級ネットワーク講座


 ウ 管理は少人数の管理者グループで行う。管理用アカウントは,個々の
  管理者専用のものを使用する。管理情報は,セキュリティレベルなどを考慮
  した上で一般利用者への公開を行う。

> ・管理者権限を持つのは少数がよい
> ・管理者権限が一人だけだと、お休みの時など不便且つひとりに負荷
>  がかかる。また不正が 発覚しにくくなる
> ・管理者権限で行った個々の作業が何をしたのかわかるように
>  しないと不正を防げない=共有アカウントはNG
> 
> よってウにしました。

 どうもありがとうございます。

> 必要最小限の原則から行くと、管理者は少ない方がよいが
> 一人だとけん制が効かない。
> アカウントは管理者ごとに持たせることで、実行ログを分析した時に
> バイネームで特定できる。
> 管理情報はだれにどこまで公開するかを十分に精査する。
> 以上から ウ

 どうもありがとうございます。

> 「一般ユーザ」が「一般利用者」に変わっています。

 どうもありがとうございます。IT業界では,「ユーザ」という用語って,
IBM や NEC のメーカーからみる言葉で,利用者でなくて,購入先を指しています
からね。「一般利用者」のほうがいい表現でしょう。

▽ 午後2の論文試験対策講座

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

ITサービスマネージャ おすすめ参考書・問題集

ベンダー試験 格安受験チケット



posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。