ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問01
 重要性や需要変動,在庫コストの観点から商品単位に定量発注法,定期発注法,
2 ビン発注法のいずれの方法にするかを決定したい。発注方式を決定するために
用いる手法として,適切なものはどれか。

 ア ABC 分析

 イ 管理図

 ウ クリティカルパスメソッド

 エ 線形計画法


『 過去問題:午前2平成23年問01 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問02
 IT サービスマネジメントにおけるプロセスで,サービスライフサイクルの
サービスストラテジに含まれる戦略レベルのプロセスの組みはどれか。

 ア インシデント管理,問題管理

 イ サービス資産管理,構成管理

 ウ サービスポートフォリオ管理,財務管理

 エ サービスレベル管理,キャパシティ管理


『 過去問題:午前2平成23年問02 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問03
 コンピュータシステムにおけるジョブスケジューリングの特徴のうち,適切な
ものはどれか。

 ア CPU に割り当てるジョブを OS が強制的に切り替えるタイムスライス方式
  では,タイマ割込みが多発するので,スループットが低下する。

 イ FCFS(first-come first-served)方式のジョブスケジューリングは,ジョブ間
  に CPU を公平に割り当てるので,スループットや応答時間の保証が可能とな
  る。

 ウ 対話型処理とバッチ処理が混在するシステムでは,対話型処理の優先度を
  高くすることによって,対話型処理の応答性能の向上が期待できる。

 エ 入出力を多用するジョブよりも CPU を多用するジョブの処理優先度を上げ
  た方が,CPU の待ち時間が少なくなるので,全体のスループットの向上が期待
  できる。


『 過去問題:午前2平成23年問03 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問04
 情報システムの設計において,フェールソフトが講じられているのはどれか。

 ア UPS 装置を設置することで,停電時に手順どおりにシステムを停止できる
  ようにし,データを保全する。

 イ 制御プログラムの障害時に,システムの暴走を避け,安全に運転を停止で
  きるようにする。

 ウ ハードウェアの障害時に,パフォーマンスは低下するが,構成を縮小して
  運転を続けられるようにする。

 エ 利用者の誤操作や誤入力を未然に防ぐことで,システムの誤動作を防止で
  きるようにする。


『 過去問題:午前2平成23年問04 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問05
 RAID において,信頼性向上ではなく,性能向上だけを目的としたものはどれか。

 ア RAID 0

 イ RAID 1

 ウ RAID 3

 エ RAID 5


『 過去問題:午前2平成23年問05 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問06
 IT サービスマネジメントにおいて,リリース管理からインシデント管理に伝達
することが望ましいとされている情報はどれか。

 ア リリースが許可された証拠

 イ リリースするものに含まれている既知の誤り

 ウ リリースに関連しないインシデント

 エ リリースまでに要したコスト


『 過去問題:午前2平成23年問06 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問07
 システムが障害によって停止したときに行う,システム再開の方法の一つであ
るウォームスタートの説明はどれか。

 ア システムの再立上げの過程で,システム停止時に処理中であったジョブの
  うち,処理の続行が可能なものは処理を再開させ,入出力キューに残ってい
  るものは,そのまま処理の対象とする。

 イ システムの初期化のために,イニシャルプログラムローダによって
  コンフィギュレーション情報を主記憶装置上に展開する。

 ウ システムの停止で処理が中断したジョブについて,それまでに採取された
  チェックポイント情報によって回復作業を実施する。

 エ ジャーナルファイルに記録されているデータを使用して,ファイルを障害
  発生以前の状態に戻す。


『 過去問題:午前2平成23年問07 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問08
 ITIL のキャパシティ管理において,監視項目となるものはどれか。

 ア インシデント発生件数

 イ オペレータ要員数

 ウ ディスク使用率

 エ 平均故障間隔


『 過去問題:午前2平成23年問08 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問09
 ITIL において,サービスレベル管理プロセスの活動とされているものはどれ
か。

 ア IT サービスの提供に必要な予算に対して,適切な資金を確保する。

 イ 現在のリソースのチューニングと最適化,及び将来のリソース要件に関す
  る予測を記載した計画を作成する。

 ウ 災害や障害などで事業が中断しても,要求されたサービス機能を合意され
  た期間内に確実に復旧できるように,ビジネスインパクトの評価や復旧優先順位
  を明確にする。

 エ 提供する IT サービスとその目標値などについて,IT サービスプロバイダ
  が顧客との間で合意書を交わす。


『 過去問題:午前2平成23年問09 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問11
 システム運用管理における管理情報の取扱いに関する記述のうち,最も適切な
ものはどれか。

 ア 管理は少人数の管理者グループで行う。管理用アカウントは,グループ専用
  のものを共用する。管理情報は,一般利用者に公開し,利用者自身がチェック
  できるようにする。

 イ 管理は少人数の管理者グループで行う。管理用アカウントは,グループ専用
  のものを共用する。管理情報は,セキュリティレベルなどを考慮した上で
  一般利用者への公開を行う。

 ウ 管理は少人数の管理者グループで行う。管理用アカウントは,個々の
  管理者専用のものを使用する。管理情報は,セキュリティレベルなどを考慮
  した上で一般利用者への公開を行う。

 エ 管理は一人の管理者で行う。管理情報は,セキュリティレベルなどを考慮
  した上で一般利用者への公開を行う。


『 過去問題:午前2平成23年問11 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問12
 様式が複数ある伝票から,様式ごとに定められた項目のデータを入力する。項目
の入力漏れを検出するためにプログラムで実行する処理として,適切なものはど
れか。

 ア 伝票の様式ごとに定められた項目数と入力された項目数が一致することを
  確認する。

 イ 伝票の様式に基づいて,入力された項目の値のデータ形式を検査する。

 ウ 入力された項目の内容が,伝票で定義された範囲に収まっていることを確
  認する。

 エ マスクファイルと突き合わせて,入力された項目の内容が正しいことを確
  認する。


『 過去問題:午前2平成23年問12 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問13
 雷サージによって通信回線に誘起された異常電圧から通信機器を防護するため
の装置はどれか。

 ア IDF(lntermediate Distributing Frame)

 イ MCCB(Molded Case Circuit Breaker)

 ウ アレスタ

 エ 避雷針


『 過去問題:午前2平成23年問13 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問14
 システム監査人の外観上の独立性に関する記述のうち,適切なものはどれか。

 ア 監査報告書における指摘事項の多寡によって報酬が決まるような契約が望ま
  しい,

 イ 公正かつ客観的な監査判断を行うための精神上の独立性が保たれることに
  よって保証される。

 ウ 組織的な独立の他,過去の自己の業務に対する監査とならないか,披監査部門
  の長が監査人の元上司でないか,なども考慮する必要がある。

 エ 第三者がうかがい知ることの困難な精神上の独立性とは異なり,内部監査
  では必要ないが,外部監査では厳密に要求される。


『 過去問題:午前2平成23年問14 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問15
 システム開発委託先(受託者)から委託元(委託者)に納品される成果物に対する
受入れテストの適切性を確かめるシステム監査の要点はどれか。

 ア 委託者が作成した受入れテスト計画書に従って,受託者が成果物に対して
  受入れテストを実施していること

 イ 受託者が成果物と一緒に受入れテスト計画書を納品していること

 ウ 受託者から納品された成果物に対して,委託者が受入れテストを実施して
  いること

 エ 受託者から納品された成果物に対して,監査人が受入れテスト計画を策定
  していること


『 過去問題:午前2平成23年問15 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問16
 プロジェクトのスケジュールを管理するときに使用する“クリティカルチェーン法”
の特徴はどれか。

 ア クリティカルパス上の作業に生産性を向上させるための開発ツールを導入
  する。

 イ クリティカルパス上の作業に要員を追加投入する。

 ウ クリティカルパス上の先行作業が終了する前に後続作業に着手し,並行し
  て実施する。

 エ クリティカルパスを守るために,フィーディングバッファと所要期間バッファ
  を設ける。


『 過去問題:午前2平成23年問16 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
平成23年問17
 プロジェクトの進捗管理を EVM(Earned value Management)で行っている。
コストが超過せず,納期にも遅れないと予想されるプロジェクトはどれか。ここ
で,それぞれのプロジェクトの開発の生産性は今までと変わらないものとする。

 ア

 ↑      ...:実コスト(AC) /
金│     /  :      /
額│     / ..:アーンド /
 │    / / :バリュー/
 │    / /  :(EV) /
 │   / /  :  /
 │   / /   : /
 │  / /   :/プランド
 │  / /    : バリュー(PV)
 │ / /   /:
 │ / /   / :
 │/ /  /  :
 │| /  /   :
 │|/  /    :
 │/ /     :
 └───────────────────→
         現在         時間


 イ

 ↑      ...:実コスト(AC) /
金│     /  :      /
額│     /  :     /
 │    /   :    /
 │    /   :   /
 │   /    :  /
 │   /    : /
 │  /     :/プランド
 │  /     : バリュー(PV)
 │ /     /:
 │ /    / :
 │/    /  :アーンド
 │|   /  /:バリュー(EV)
 │|  /  / :
 │/ / ̄ ̄ ̄  :
 └───────────────────→
         現在         時間


 ウ

 ↑      ...:アーンド   /
金│     /  :バリュー  /
額│     /  :(EV)   /
 │    /   :    /
 │    /   :   /
 │   /    :  /
 │   /    : /
 │  /     :/プランド
 │  /     : バリュー(PV)
 │ /     /:
 │ /    / :
 │/    /  :実コスト(AC)
 │|   /  /:
 │|  /  / :
 │/ / ̄ ̄ ̄  :
 └───────────────────→
         現在         時間


 エ

 ↑        /
金│       /
額│      /:プランド
 │      / :バリュー
 │     /  :(PV)
 │     /  :
 │    /   :
 │    /   :アーンド
 │   /    :バリュー(EV)
 │   /   /:
 │  /   / :
 │  /  /  :実コスト(AC)
 │ /  /  /:
 │ / /  / :
 │/ / ̄ ̄ ̄  :
 └───────────────────→
         現在         時間


『 過去問題:平成23年問17 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問18
 定性的リスク分析の活動として,適切なものはどれか。

 ア 検討対象以外の全ての不確実な要素をベースライン値に固定した状態で,
  プロジェクトの個々の不確定要素が,検討対象の目標に与える影響の度合い
  を調べる。

 イ デシジョンツリー図を使用して,選択肢に対する期待金額価値(EMV)を
  比較する。

 ウ リスクに関するインタビューを通じて,各 WBS 要素に対する三点見積り
  をする。

 エ リスクの発生確率と影響度を評価して,識別したリスクに等級付けをする。


『 過去問題:午前2平成23年問18 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問19
 MPU の高速化技術の一つであるスーパスカラの特徴として,適切なものはどれ
か。

 ア 同時に実行可能な複数の動作をまとめて一つの命令として実行する。

 イ 独立した複数の命令ストリームを用意し,これらの実行を適宜切り換えな
  がら行う。

 ウ パイプラインの深さを増すとともに,パイプラインピッチを短くして,平
  均命令実行時間を短縮する。

 エ パイプラインを複数用意し,同時に複数の命令を実行する。


『 過去問題:午前2平成23年問19 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問20
 ECC メモリで,2 ビットの誤りを検出し,1 ビットの誤りを訂正するために用い
るものはどれか。

 ア 偶数パリティ

 ウ チェックサム

 イ 垂直パリティ

 エ ハミング符号


『 過去問題:午前2平成23年問20 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問21
 信頼性設計におけるフォールバックを説明したものはどれか。

 ア サーバに障害が発生した場合,あらかじめ確保しておいた予備のサイトに
  必要な機器や媒体を持ち込み,サーバを復元して業務を再開する。

 イ サーバに障害が発生した場合,他のサーバに処理を一旦引き継ぎ,障害が
  回復した後に元のサーバに処理を戻す。

 ウ 人間の操作ミスやシステムの故障の際,その結果が人間などに危害や損害
  を与えることがないようにする。

 エ 不具合が起きた場合,不具合の箇所を含む分割可能な部分を切り離して,
  残りの部分で処理を続行する。


『 過去問題:午前2平成23年問21 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
平成23年問22
 次数が n の関係 R には,属性なし(φ)も含めて異なる射影は幾つあるか。

 ア n

 イ 2n

 ウ n^2

 エ 2^n


『 過去問題:平成23年問22 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問23
 TCP,UDP のポート番号を識別し,プライベート IP アドレスとグローバル IP
アドレスとの対応関係を管理することによって,プライベート IP アドレスを
使用する LAN 上の複数の端末が,一つのグローバル IP アドレスを共有して
インターネットにアクセスする仕組みはどれか。

 ア IP スプーフィング

 イ IP マルチキャスト

 ウ NAPT

 エ NTP3


『 過去問題:午前2平成23年問23 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問24
 ステガノグラフィの機能はどれか。

 ア 画像データなどにメッセージを埋め込み,メッセージの存在そのものを隠す。

 イ メッセージの改ざんやなりすましの検出,及び否認の防止を行う。

 ウ メッセージの認証を行って改ざんの有無を検査する。

 エ メッセージを決まった手順で変換し,通信途中での盗聴を防ぐ。


『 過去問題:午前2平成23年問24 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


ITサービスマネージャ試験過去問題
午前2平成23年問25
 請負契約を締結していても,労働者派遣とみなされる受託者の行為はどれか。

 ア 休暇取得のルールを発注者側の指示に従って取り決める。

 イ 業務の遂行に関する指導や評価を自ら実施する。

 ウ 勤務に関する規律や職場秩序の保持を実施する。

 エ 発注者の業務上の要請を受託者側の責任者が窓口となって受け付ける。


『 過去問題:午前2平成23年問25 解説 』
posted by ITServiceManager | H23年 午前U問01〜25


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。