ITサービスマネージャ試験過去問題
平成19年問01
 MPU の高速化技術の一つであるスーパスカラの特徴として,適切なものはどれ
か。

 ア 同時に実行可能な複数の動作をまとめて一つの命令として実行する。

 イ 独立した複数の命令ストリームを用意し,これらの実行を適宜切り換えな
  がら行う。

 ウ パイプラインの深さを増すとともに,パイプラインピッチを短くして,
  平均命令実行時間を短縮する。

 エ パイプラインを複数用意し,同時に複数の命令を実行する。


『 過去問題:平成19年問01 解説 』
posted by ITServiceManager | H19年 過去問題01〜20


ITサービスマネージャ試験過去問題
平成19年問07
 垂直機能分散システムの特徴のうち,適切なものはどれか。

 ア クライアントとサーバの関係のように,プロセッサ間に階層又は従属関係
  が存在する。

 イ システムの効率を向上させるために,同じアプリケーションを実行する幾つ
  かのプロセッサ間で負荷を分散する。

 ウ 単独でも機能する複数のコンピュータシステムを,ほぼ対等な関係で
  ネットワークに接続し,データを含めて資源を共有する。

 エ 負荷を分散させるために,アプリケーションごとに,ネットワーク内のど
  のプロセッサで実行するかをあらかじめ決めておく。


『 過去問題:平成19年問07  解説 』
posted by ITServiceManager | H19年 過去問題01〜20


ITサービスマネージャ試験過去問題
平成19年問09
 通信回線を使用したデータ伝送システムに M/M/1 の待ち行列モデルを適用する
と,平均回線待ち時間,平均伝送時間,回線利用率の関係は次の式で表すことが
できる。

                          回線利用率
    平均回線待ち時間 = 平均伝送時間 × ──────────
                         1 − 回線利用率

 回線利用率が O% から徐々に上がっていく場合,平均回線待ち時間が平均伝送
時間よりも最初に長くなるのは,回線利用率が何 % を超えたときか。

 ア 40

 イ 50

 ウ 60

 工 70


『 過去問題:平成19年問09 解説 』
posted by ITServiceManager | H19年 過去問題01〜20


ITサービスマネージャ試験過去問題
平成19年問11
 キャパシティ管理におけるデータの測定と記録に関する記述のうち,適切なも
のはどれか。

 ア キャッシュメモリのヒット率や分岐命令の使用頻度は,0S の一部に専用の
  ソフトウェアを組み込んで測定し記録する。

 イ 将来にわたってサービスのレベルを維持管理することよりも,運用中の
  システムの性能を管理することに主眼を置いてデータを測定し記録する。

 ウ タスクごとの CPU 使用時間や仮想記憶のページング回数は、ハードウェア
  モニタを使用して測定し記録する。

 エ ボトルネック部分の推定をより正確に行うために,データを長期間にわたって
  測定し記録する。


『 過去問題:平成19年問11 解説 』
posted by ITServiceManager | H19年 過去問題01〜20


ITサービスマネージャ試験過去問題
平成19年問16
 ソフトウェアの再利用技術のうち,リバースエンジニアリングを説明したもの
はどれか。

 ア 既存のプログラムから,そのプログラムの仕様を導き出す技術である。

 イ 既存のプログラムから導き出された仕様を修正して,プログラムを開発する
  技術である。

 ウ 既存のプログラムを部品化し,それらの部品を利用して,プログラムを開発
  する技術である。

 エ クラスライブラリにある既存のクラスを再利用しながら,プログラムを開発
  する技術である。


『 過去問題:平成19年問16 解説 』
posted by ITServiceManager | H19年 過去問題01〜20


ITサービスマネージャ試験過去問題
平成19年問17
 基底クラスと派生クラスの関係にあるものはどれか。

 ア "会社" と "社員"

 イ "自動車" と "エンジン"

 ウ "図形" と "三角形"

 エ "人間" と "頭"


『 過去問題:平成19年問17 解説 』
posted by ITServiceManager | H19年 過去問題01〜20


ITサービスマネージャ試験過去問題
平成19年問20
 教育技法の説明のうち,適切なものはどれか。

 ア インバスケットは,一定時間内に数多くの問題を処理させることによって,
  問題の関連性,緊急性,重要性などに対する総合的判断力を高める技法である。

 イ ケーススタディは,日常の開発業務の中で,先輩や上司が個別に指導し,
  実体験から知識を習得させる技法である。

 ウ ブレーンストーミングは,参加者に特定の役割を演技させることによって,
  各立場の理解や問題解決能力を高める技法である。

 エ ロールプレイングは,アイディアへの批判禁止の下で会議を進める,
  創造的問題解決に適した技法である。


『 過去問題:平成19年問20 解説 』
posted by ITServiceManager | H19年 過去問題01〜20


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。